漢方薬の飲み合わせ

漢方薬の飲み合わせ

漢方薬の飲み合わせ

漢方薬は、みなさんも知っている通り、自然の植物を生薬として利用してい
ますので、体に優しい成分だといわれています。そのためか、漢方薬の飲み
合わせについては、あまり気にしていない方が多いです。
もちろん、きちんと、病院で医師が処方したものは、その飲み合わせも効果
と一緒に十分、考えられているものなので安心して服用できるでしょう。で
すが、薬局で買うことが可能な市販の漢方薬は、飲み合わせを気にしないで、
他の薬と一緒に飲んでも大丈夫なものなのでしょうか。
漢方薬の処方と言うものは、効果を考え、複数の生薬を組み合わせます。同
時に成分を働かせることで、症状に合った効果を発揮しています。ですから、
素人が勝手に漢方薬を組み合わせて飲むと、複数の生薬が一緒になり、効果
が強く出すぎることがあります。
また、反対に効果を打ち消し合うことになるケースもあります。漢方だから
と言って、勝手に飲み合わせてはいけません。漢方同士だから、一緒に飲ん
でも大丈夫と言う考えは、まったくありません。やはり、病院か、知識のあ
る専門家に相談することが一番ですから、家に以前、処方された在庫があっ
ても、勝手に組み合わせて服用することはやめましょう。

漢方同士の組み合わせを素人が勝手にやることがNG でたら、通常の薬と、
漢方薬を飲み合わせることはどうでしょうか。
これにも当然ながら、注意すべきです。通常は、お薬を処方される際に、病
院や薬局で、現在、服用している薬について聞かれますよね。
処方の際は、薬の飲み合わせで、悪い作用が出ないように、服用の薬を聞か
れます。このような質問をされた際には、服用している漢方があれば、忘れ
ずに報告するようにします。
一般の薬と漢方を併用して、相互的に効果がなくなったり、ひどい副作用が
出たりすることがあります。漢方も立派な薬ですから、新たに薬を処方され
る際は、今、服用している薬としての報告を忘れないようにしたいですね。
例えば、風邪を引いて、漢方の風邪薬を飲んだ方が、その後、頭痛がひどく
なり、バファリンなどの鎮痛剤を飲みたいというケースもあるでしょう。風
邪薬が漢方の葛根湯のようなものでしたら、飲み合わせてしまっても、大丈
夫かもしれません。
ですが、風邪薬として飲んだ漢方薬に、解熱作用のある成分がすでに入って
いれば、さらに鎮痛剤で効果が強く出過ぎてしまうこともあります。

それから、高血圧の治療として、利尿剤を服用している方がいらっしゃいま
す。その方が、甘草と言う生薬が含まれる漢方薬を飲んだ場合、血液中の成
分バランスが崩れることがあります。筋肉に異常が出ているケースもありま
す。
また、利尿剤にもいろいろな種類がありますので、漢方薬を服用すると言っ
ても、すべての利尿剤と飲み合わせが悪いとは言えませんが、気をつけたい
例です。甘草は、漢方薬によく含まれている生薬ですから、服用の際は、自
分が他にどんな薬を飲んでいるのか注意しなければなりません。
このように漢方薬と他の薬の飲み合わせは、効果がアップするわけではなく、
悪いほうに出てしまうことが多いので気をつけてください。
漢方薬の飲み合わせ

生理痛に効果のある漢方その1

女性のみなさんのほとんどは、生理が毎月、来ることは憂鬱だとおっしゃっ
ています。その度に生理痛に悩まされる方も多いのですから、本当に女性は
大変だと思います。
腰が痛くなったり、だるくなったり、腹痛が起きたり、頭痛がしたり、たま
らないほど眠気に襲われたり、生理の度に体調不良になるのは、ほんとうに
つらいですよね。
生理痛も個人差が大きくて、不快感や痛みなど、何も感じない人もいれば、
中には症状が重く、寝ていなければならないほどひどい方もいらっしゃいま
す。
女性のみなさんは、このような生理痛に対して、どのように対処されている
のでしょうか。
なかには生理痛に効果的な鎮静剤などを飲む方もいらっしゃるでしょう。ま
た、症状がひどい方は生理休暇を取って会社を休み、寝ている方もいらっし
ゃるかもしれません。
他にも、効果的なツボ押しをしてみたり、体操をしてみたり、漢方薬を飲ん
だりと、生理痛を軽減する対策をみなさん、それぞれ取られているようです。

さて、漢方から考えると、生理の際は、本来、痛みなどがない状態が普通と
考えられています。ですから、腹痛が起きたり、頭が痛くなったり、体に不
調が起こることは、どこか体が悪いから起こるという考えです。
特に、痛みがある場合は、漢方では、生理であっても、他にどこかが悪いと
いうことになります。生理痛を漢方で治療する場合、大別して、みっつの原
因があるとされています。そして、個人の症状、体質などから、判断し、漢
方薬を処方するわけです。
漢方薬の飲み合わせ

生理痛に効果のある漢方その2

漢方において考えられる、生理痛にはどのようなタイプがあるのでしょうか。
まず、血液が不足していることから起こる貧血タイプです。貧血タイプの方
は、生理痛が生理の終盤、また、終了した後に症状が出ることが多いです。
生理の間は、さらさらの薄い血液が出ています。生理の際は、出血していま
すから、当然、誰もが血液不足となるわけで、ほとんどの方は多少なりとも
貧血状態だと言えるでしょう。
血液不足の方に効果的な漢方は「婦宝当帰膠」の処方です。この漢方薬は血
液を増やして、乱れてしまったホルモンバランスを整えてくれる効果があり
ます。生理痛だけでなく、肌荒れ、にきび、更年期障害、それから、不妊な
どにも、効果を発揮します。
それから、生理痛が起こる別のタイプは、冷え性タイプです。冷え性の人は、
そもそも、血液が流れにくくなっていて、血液がドロドロしています。生理
の際には、出血もドロドロと粘っこいものが出ますし、レバー状の黒っぽい
塊が出ることが多いでしょう。
冷え症タイプの方は、生理が始まるとすぐに痛みが起こります。このような
タイプの方に効果を発揮する漢方は「冠元顆粒」です。これは、「丹参(タ

ンジン)」、「紅花(コウカ)」、「川きゅう(センキュウ)」を始めとした、様々
な生薬が配合されています。血液をさらさらにしてくれて、循環をスムーズ
にしてくれます。
最後は、ストレスの多いタイプです。
現代の女性はこのタイプが多いかもしれませんね。
漢方薬の飲み合わせ

生理痛に効果のある漢方その3

生理前にイライラする、肌荒れが出やすい、生理の周期が定まっていないよ
うな場合は、ストレスが原因で生理痛が起こっている可能性が高いです。こ
のようなタイプは「星火逍遥丸」のような漢方が効果的でしょう。これは、
自律神経を正常にしてくれて、イライラを緩和してくれます。
生理痛に効果的な漢方薬はこのようなものがあげられますが、どのように漢
方薬を使用したらよいのでしょうか。
例えば、生理痛の激しい方は、月経が開始されてから、痛みの激しい数日間、
西洋薬と漢方薬を併用してみることも良いでしょう。併用と言っても一緒に
飲むのではありません。
西洋薬の鎮痛剤ですと、副作用もおこりやすいですから、生理痛の激しい数
日は、西洋薬を飲みます。その前後は、漢方薬を飲んで、体調を整えていく
という考え方がよいと思います。
このような服用の仕方で、西洋薬のほうを徐々に減らすことが出来ます。中
には、生理の開始から最後まで、ずっと鎮痛剤を飲み続けているという方も
いらっしゃいますが、効果はあるものの、体には良くありません。
生理は、毎月あるものですから、女性は上手く付き合っていく必要がありま

す。その度に、西洋薬に頼っていては、体に負担を与えてしまうでしょう。
市販の鎮痛薬だけでなく、生理痛の緩和には、漢方薬も選択肢に入れること
をお勧めします。
それから、生理痛が異常にひどい場合、あまりにも辛い場合は、婦人科の受
診をお勧めします。それは単なる生理痛ではなく、子宮内膜症など、別の病
気であることも考えられるからです。
漢方薬の飲み合わせ

気になるサイトはこちらです